Atenza GG Garden

Atenza GG3Sと過ごす日常

紅葉見納めツーリング ~蓼科スカイライン、長野県道480号、つまごいパノラマライン~

2週連続のツーリング。今回は、今年、おそらく行き納となる長野、群馬へ。

いつもは、目覚めたら即準備して出発するのだが、今回は目的があるので、少し布団の中で時間調整して4時ごろ出発。

暗闇の関越道、上信越道を走り下仁田ICでアウト。冬空の王者、オリオン座に見守られながらR254で内山トンネル越え。少し空が明るみ始めた。

f:id:sigemaro:20201113093717j:plain

f:id:sigemaro:20201113093727j:plain

 

トンネルを抜けるとガスってて、少し焦った。もしかして雲海の中?

佐久から蓼科スカイラインへ入る。この季節になると路面は落葉だらけ。

f:id:sigemaro:20201113093921j:plain

気持ちよく2車線の快走ワインディングを駆け抜ける。

f:id:sigemaro:20201113094045j:plain

蓼科スカイラインは標高2000m超えの大河原峠まで、ぐんぐん高度を上げていく。気づけば雲の上に抜け、素晴らしい空と遠景が望めるようになってきた。

f:id:sigemaro:20201113094802j:plain

ちなみに、大河原峠から先は災害復旧工事のため、通行止め。ビーナスライン方面には抜けられない。

 

で、今回の目的地、JAXA美笹深宇宙探査用地上局に到着。ここで朝日に映えるパラボラアンテナを見たかったのだ。

f:id:sigemaro:20201113094834j:plain

巨大な構造物の機能美にうっとりする。朝日が照らし始めた。

f:id:sigemaro:20201113094959j:plain

さらに奥に見える冠雪した穂高連峰にも朝日が当たる。

f:id:sigemaro:20201113095049j:plain

最高の景色でしょう。まだ建設途中で一般公開はされていないので、また来シーズンに訪問することにしよう。

来客用の駐車場に、「ゆるぎ石」という謎の案内板を発見。たどって行くと…良くわからなかった。

f:id:sigemaro:20201113095357j:plain

f:id:sigemaro:20201113095415j:plain

 

Uターンして蓼科スカイラインを下る。途中のストレートで正面に噴煙を上げる浅間山を望む。

f:id:sigemaro:20201113095631j:plain

下界まで下ると、またどんよりした空が広がる。

f:id:sigemaro:20201113100002j:plain

 

次にR141を南下して松原湖へ。紅葉を眺めながら湖畔を散策。 

f:id:sigemaro:20201113100510j:plain

f:id:sigemaro:20201113100525j:plain

f:id:sigemaro:20201113100538j:plain

f:id:sigemaro:20201113100552j:plain

 

松原湖を後にして、K480を上がっていく。こちらも2車線の快走路が続く。

f:id:sigemaro:20201113100612j:plain

白樺林を抜け…

f:id:sigemaro:20201113100628j:plain

f:id:sigemaro:20201113100638j:plain

 絶景広がる雲上に出る。同じ目線でダイナミックに雲が動き続ける。

f:id:sigemaro:20201113100652j:plain

f:id:sigemaro:20201113100703j:plain

 R299との交差点、レストハウスふるさとで小休止。ここは標高1706m。遠くには浅間山が望める。

f:id:sigemaro:20201113100757j:plain

f:id:sigemaro:20201113100901j:plain

f:id:sigemaro:20201113100912j:plain

f:id:sigemaro:20201113101059j:plain

f:id:sigemaro:20201113101113j:plain

 

そのまま麦草峠に向かうと思いきや、ここで折り返しR299を下っていく。

f:id:sigemaro:20201113101126j:plain

f:id:sigemaro:20201113101135j:plain

 途中、R299から駒出池に向かう脇道にそれ、さらに下っていく。こちらの道の方がR299よりも走りやすく気持ちよい。

f:id:sigemaro:20201113101203j:plain

f:id:sigemaro:20201113101213j:plain

f:id:sigemaro:20201113101230j:plain

 

 再びR299に復帰して、中部横断自動車道で佐久までワープ。

佐久からR18で軽井沢に向かい、ツルヤで買い物して、R146で中軽井沢、北軽井沢を抜けてつまごいパノラマラインへ。

まずは南ルート。キャベツの収穫も終わり、荒野然とした風景が広がる。

f:id:sigemaro:20201113101252j:plain

f:id:sigemaro:20201113101302j:plain

 R144をまたいで北ルートへ。浅間山アテンザのラインが美しい。改めて、初代アテンザのボディラインって素敵だなと思う。

f:id:sigemaro:20201113101320j:plain

田園区間は景色を楽しみながらのんびり流す。

f:id:sigemaro:20201113101404j:plain

f:id:sigemaro:20201113101437j:plain

f:id:sigemaro:20201113101501j:plain

 山岳区間は少し攻めの走りで、集中して走る。いつもの橋で記念撮影。つまごいパノラマラインも今シーズン走り納め。

f:id:sigemaro:20201113101529j:plain

f:id:sigemaro:20201113101519j:plain

 

 つまごいパノラマラインからは、R292,R145で八ッ場ダム方面へ。R145を車列に従って走るものイヤなので、R406へスイッチして須賀尾峠を目指すことに。途中の橋からは丸岩と八ッ場ダムが見られた。

f:id:sigemaro:20201113101552j:plain

f:id:sigemaro:20201113101601j:plain

峠を越えるまでは、緩急交えたカーブが連続し、ステアリング操作とアクセルワークに集中する。峠を越えた後は、道幅が狭いところもあり、のんびり下る。

f:id:sigemaro:20201113101626j:plain

f:id:sigemaro:20201113101636j:plain

 

 R406の峠区間をクリアすれば、あとは高崎に向かって走るだけ。昼食を食べ損ねたので、途中のセブンイレブンでおにぎりとシュークリームを買い、遅めのランチ。

高崎ICから関越道に乗り、16時過ぎに無事帰宅。

 さて、次はどこに行こうか…

 

走行距離 445Km

 

 

紅葉・落葉ツーリング ~只見、南会津探索~

約1か月ぶりのツーリング。仕事でモヤモヤした気分を吹っ切りに、山奥の紅葉を堪能するため、この日も早朝3時半出発。

夜明けの時刻は日々遅くなる。ブルームーンに照らされた関越道を北上し、渋川伊香保ICでアウト。ここからはR17をのんびり走る。

赤谷湖そばにあるローソンで小休止。ようやく暗闇から景色が現れ始める。

f:id:sigemaro:20201102102218j:plain

 

猿ヶ京温泉からさらに進むと、赤い橋が目印の紅葉鑑賞ポイントある。ここでもまだ暗く、デジカメの高感度に助けられ、かろうじて撮影。
※画像をバリバリに加工するのは好かないため、見栄えは良くない。

f:id:sigemaro:20201102103014j:plain

f:id:sigemaro:20201102103042j:plain

f:id:sigemaro:20201102103054j:plain

三国トンネル付近は、ほぼ落葉してる感じだった。トンネルを超えた新潟側も同様で、湯沢に下っていくにつれ、見ごろの紅葉がちらほら。

 

直線基調で退屈なR17を捨てて、石打でK28にスイッチし、さらにR291へ。田舎道をトコトコ走る。青空も見えてきた。

f:id:sigemaro:20201102103642j:plain

R17とほぼ並走するR291は、適度なカーブとアップダウンもあり、気持ちよく流せる。

小出からはK70をひたすら北上。これから走るR252はJR只見線と並走するのも魅力。只見線は数年前の災害により一部区間が不通のままだが、全線再開通は果たして…

f:id:sigemaro:20201102104149j:plain

道の駅「いりひろせ」でトイレ休憩。いい感じに紅葉していた。

f:id:sigemaro:20201102104839j:plain

 

ここからが、本日のメインディッシュ。両サイドに広がる紅葉を眺めつつ、ハンドルを右左に切り、六十里越トンネルまで進む。

f:id:sigemaro:20201102105357j:plain

f:id:sigemaro:20201102105413j:plain

 

六十里越トンネルを抜けて、田子倉湖を眼下に望める場所まで来ると、それはもう絶句する程の素晴らしさ。その美しさは筆舌に尽くしがたいので、多くを語らず写真だけ貼っておく。渋滞もなく、人もあまりいない、安心して紅葉を堪能できた。

f:id:sigemaro:20201102105715j:plain

f:id:sigemaro:20201102105808j:plain

f:id:sigemaro:20201102105827j:plain

f:id:sigemaro:20201102110428j:plain

 

後ろ髪引かれる思いでこの場を立ち去る。でも、まだまだ絶景路は続く。

f:id:sigemaro:20201102110443j:plain

f:id:sigemaro:20201102110455j:plain

f:id:sigemaro:20201102110509j:plain

 

 田子倉湖を後にして、今回のもう一つの目的、「南会津の未走破ルートを走る」ためR289へ。田舎道が続く、ただひたすら続く。これでもかってぐらい続く。

f:id:sigemaro:20201102134449j:plain

f:id:sigemaro:20201102134503j:plain


さすがに飽き飽きしてきたので、刺激を求めてR401を走ることにした。R289とR401交差点付近に酒蔵「花泉酒造」があるのをツーリングマップルで発見し、立ち寄ることに。

f:id:sigemaro:20201102135218j:plain

f:id:sigemaro:20201102135236j:plain
現在は、売店休業中ということで、近くの商店で純米酒を購入。

f:id:sigemaro:20201102135302j:plain

 

それでは、R401に行ってみよう。頂上の新鳥居峠までは、1.5車線ほどの(自分にとっては)快走路。紅葉も楽しみつつ、走りも楽しむ。

f:id:sigemaro:20201102135609j:plain

f:id:sigemaro:20201102135624j:plain

f:id:sigemaro:20201102135637j:plain


昭和村へ下っていくと、1車線の狭路に変化。対向車に気を付けつつ、スローペースでクリア。途中、行列の店を横目に見つつ、R400へのショートカット路へ入り、すすき野原を駆け抜ける。

f:id:sigemaro:20201102140026j:plain

 

R400で会津田島まで出て、R289で只見に戻るように西へ向かう。

f:id:sigemaro:20201102140308j:plain


相変わらず沿線の風景と遠景がまったく変わらない…道の駅「きらら289」で蕎麦を食べ、R401→R352で檜枝岐方面に向かう。次の目的路は大規模林道の飯豊・檜枝岐線。

f:id:sigemaro:20201102141108j:plain

スタートからいい感じで上っていく。これからってところで…

f:id:sigemaro:20201102141227j:plain

確かに、途中に「南会津へは行けません」的な小さい看板が出てた…入り口付近にもっと目立つように置いてほしかった。

トボトボとR352まで下り、来た道を戻る。今度はR352を東進する。ちょうど15時ぐらいだったので、道の駅「番屋」でそばソフトクリームを食べカロリー補給。

f:id:sigemaro:20201102142251j:plain

緑のトマトを売ってたので、買ってから熟するのを待つのかと思ったら、どうやら漬物(ピクルス)用らしい。

f:id:sigemaro:20201102142535j:plain

 

そろそろいい時間になってきたので、帰途につくことに。国道3重区間(R400/R352/R121)を南下して日光方面へ。ハイペースで流れる車列について走っていると眠くなってきたので、眠気覚ましにもう一本ワインディングを走ることにした。

R121からK23にスイッチし、途中の川治ダムで小休止。巨大なダムの存在感には圧倒される。

f:id:sigemaro:20201102142633j:plain

f:id:sigemaro:20201102142651j:plain

 

K169で霧降高原へ向かう。非力なアテンザを2速固定にして、ぐいぐいアクセルを踏んでいく。路肩とセンターラインは落葉に覆われていたため、ラインを外さないように気を付ける。

f:id:sigemaro:20201102142712j:plain

f:id:sigemaro:20201102142723j:plain

f:id:sigemaro:20201102142742j:plain

 

大笹牧場に到着すると、レストハウスからは営業終了の音楽が流れていた。本日のツーリングもこれにて終了。暮れゆく空と遠くの街明かりを見つつ、日光に下りる。

f:id:sigemaro:20201102142756j:plain

f:id:sigemaro:20201102142809j:plain

f:id:sigemaro:20201102142822j:plain

f:id:sigemaro:20201102142848j:plain

f:id:sigemaro:20201102142904j:plain

 

日光の街中は、GoToの影響もあってか観光客がウヨウヨいた。今回も高速渋滞回避のため、下道で帰宅。日光からR122で桐生に抜け、県道、国道をつないで21時過ぎに無事帰宅。

 3時半から21時過ぎまで、ひたすらドライバーズシートに収まり、ハンドルとアクセル、シフトレバーを操作し続けた。至福の時、これ以外の表現が見当たらない。

新たな至福を得るため、また日々頑張る。

 

走行距離 623Km

 

晩夏ツーリング ~群馬、長野、新潟を巡る~

9月の4連休、じっとしてるのも勿体ないので、ふらりとドライブに出かけた。もちろん、三密回避は厳守。

3時半に自宅を出発、小雨交じりの関越道を北上し、高崎ICで高速を降りる。環状道路で市街地を迂回して、R406、K54とつないで北軽井沢へ向かう。

K54はストレートと九十九折りを織り交ぜた極上ルート。

f:id:sigemaro:20200926132651j:plain

緩やかな勾配のロングストレート区間

f:id:sigemaro:20200926132821j:plain

水の流れる音が聞こえたので橋の下をのぞくと、小さな滝が見えた。

f:id:sigemaro:20200926132925j:plain

およそ60ほどのコーナーをクリアしながら、二度上峠を目指す。

f:id:sigemaro:20200926133044j:plain

二度上峠のコーナーを抜けると、目の前に浅間山が現れる。なかなかの絶景。

f:id:sigemaro:20200926133154j:plain

振り返ると、何山だろう??

f:id:sigemaro:20200926133233j:plain

f:id:sigemaro:20200926133338j:plain

 

北軽井沢を抜けて、つまごいパノラマラインへ。今回は南ルートを走る。

f:id:sigemaro:20200926133449j:plain

北ルートと違って、すべてのコースが畑地帯を走るので、高原の雰囲気を楽しみながら、のんびり流す。

f:id:sigemaro:20200926133643j:plain

f:id:sigemaro:20200926133701j:plain

f:id:sigemaro:20200926133735j:plain

 

次は菅平高原を目指す。R144で鳥居峠を越えて長野県入り。しばらく下って途中で右折してK182でショートカット。少し荒れた路面のワインディングロードだが、交通量も皆無で道幅も広く、おすすめ。

f:id:sigemaro:20200926134151j:plain

f:id:sigemaro:20200926134209j:plain

f:id:sigemaro:20200926134256j:plain

 

菅平からはK34を豪快に下って長野市街へ向かおうと思ったのだが。。。

f:id:sigemaro:20200926134630j:plain

f:id:sigemaro:20200926134650j:plain

まさかの通行止め。リサーチ不足だった。この道、好きだったのだが仕方ない。Uターンして、R406で長野市街に向かうことにした。須坂の街中をパスするために、途中で左折してK58へ、長野市内でR406に復帰して、さらに西へ進み白馬を目指す。

途中、鬼無里で小休止。鬼無里と言えば、いろは堂のおやき。ここのおやきは絶品。買うと、いつも一つおまけしてくれる。

f:id:sigemaro:20200926135640j:plain

f:id:sigemaro:20200926135713j:plain

田舎道を淡々と進む。先導車がいなければ、意外と攻めた走りが出来る。これからは紅葉の季節なので、交通量は増えそうだ。

f:id:sigemaro:20200926135918j:plain

白沢洞門を抜けると、眼前に白馬の山並みが現れる。圧巻の景色だ。

f:id:sigemaro:20200926140130j:plain

f:id:sigemaro:20200926140149j:plain

f:id:sigemaro:20200926140200j:plain

f:id:sigemaro:20200926140217j:plain

 

3000m級の山脈に抱かれた町、白馬。夏から秋に切り替わる直前。都会では味わえない爽やかな空気感を堪能する。

f:id:sigemaro:20200926140451j:plain

f:id:sigemaro:20200926140655j:plain

いつもは春に訪れる野平にも立ち寄ってみた。

f:id:sigemaro:20200926140756j:plain

f:id:sigemaro:20200926140811j:plain

f:id:sigemaro:20200926140836j:plain

f:id:sigemaro:20200926140852j:plain

列車は走ってないが、絵になる風景。

f:id:sigemaro:20200926140924j:plain

 

白馬を後にしてR148を北上する。しばらく走って、これまた毎度立ち寄るおたり名産館で蕎麦を頂く。ここの蕎麦と野菜天ぷらは絶品。気づかずにスルーしてしまいそうだが、是非ご賞味あれ。

f:id:sigemaro:20200926141447j:plain

f:id:sigemaro:20200926141511j:plain

f:id:sigemaro:20200926141526j:plain

f:id:sigemaro:20200926141536j:plain

 

食後のR148は眠気との闘い。眠気覚ましに、1本ワインディングを走ろう。平岩駅を過ぎてすぐを左折してK483へ。2,3年前にも訪れたが、その時は積雪通行止めで断念したのでリベンジ。

f:id:sigemaro:20200926141949j:plain

急峻な山坂道を上っていくのだが、さらに一段と勾配がきつくなるところで、舗装が赤くなるのが特徴(?)。

f:id:sigemaro:20200926142127j:plain

頂上を過ぎてしばらく下ると、視界が開けコーナーの先に雨飾山が望める。

f:id:sigemaro:20200926142336j:plain

f:id:sigemaro:20200926142534j:plain

手前に駐車スペースがあるので、ここに車を停めよう。

f:id:sigemaro:20200926142646j:plain

 

再びR148に戻り日本海へ出る。次は糸魚川からR8をハイスピード・シーサイドクルージング。途中の海岸で、コンビニコーヒーとおやきでおやつタイム。幸せなひと時。

f:id:sigemaro:20200926143254j:plain

夏を惜しむように、家族やカップルが砂浜で遊んでいた。ちなみに、うちの妻と娘は海が嫌いなので、家族で海水浴に出かけたことは無い。海に行くときはいつも一人。

f:id:sigemaro:20200926143350j:plain

f:id:sigemaro:20200926143405j:plain

 

今回は新潟の日本酒をゲットしようと事前に酒蔵を調べてたので、R8沿い、谷浜駅前にある田中酒造に行ってみたのだが、この日は休業だった。残念。

f:id:sigemaro:20200926143716j:plain

 

激混みの上越市街を抜けてR253にスイッチ。そして、途中でもう一軒の酒蔵、新潟第一酒造に立ち寄るも、ここも休業だった。

f:id:sigemaro:20200926144410j:plain

またまた、がっかり。

気を取り直して、ひたすらR253を進む。途中、道の駅「まつだいふるさと会館」で小休止。この道の駅は、北越急行ほくほく線の駅も兼ねる。北陸新幹線開通に伴い廃止となった特急はくたかの石碑ならぬ石椅子(?)があった。

f:id:sigemaro:20200926145012j:plain

十日市は大地の芸術祭の会場になっており、所々にアートがある。

f:id:sigemaro:20200926145736j:plain

 

十日市市街に入ったのは16時半ごろ。日が暮れる前に、ラスト1本ワインディングを走ろう、ってことで魚沼スカイラインへ。

f:id:sigemaro:20200926145913j:plain

小さなアップダウンを繰り返し稜線を走り抜けるこの道は、所々で両サイドに展望が開け、ミニチュアのような景色が眼下に広がる。遠望も素晴らしい。

f:id:sigemaro:20200926150038j:plain

f:id:sigemaro:20200926150100j:plain

f:id:sigemaro:20200926150230j:plain

f:id:sigemaro:20200926150250j:plain

f:id:sigemaro:20200926150310j:plain

路肩の雑草が道路に侵食して、意外と道幅が狭く感じる。

f:id:sigemaro:20200926150521j:plain

 

f:id:sigemaro:20200926150649j:plain

f:id:sigemaro:20200926150757j:plain

リフト乗り場からの撮影は、ちょっと恐怖を感じる。

f:id:sigemaro:20200926150837j:plain

 

魚沼スカイラインを完走してR353で塩沢に下りる。ちょうど17時半に塩沢道路PAに到着。ここでおやきを晩飯として食べてるうちに、夜の帳が下りる。

「今日のツーリングはここまで」

ここで帰宅モードに切り替え、ひたすらR17を南下する。渋川伊香保ICから関越道に乗る予定だったが、IC手前の電光掲示板で「高坂SAを先頭に渋滞30Km」の表示を見てしまったので、高速道を使わずそのままR17を走って帰宅した。

さて、次はどのエリアを走りに行こうか?

走行距離 600.7Km