Atenza GG Garden

Atenza GG3Sと過ごす日常

再びビーナスライン 〜山麓亭、扉峠、軽井沢〜

高ボッチ高原から来た道を戻りR20へ。塩尻IC手前を右折して東山山麓広域農道へ。しばらく進むと、蕎麦屋山麓亭」がある。直売所を併設しているようで、野菜だけを買いに来ている客もいるようだ。

f:id:sigemaro:20180927095235j:plain

13時頃だったがひっきりなしに客が訪れ、常にほぼ満席状態。蕎麦は手打ちでコシがあり美味かった。他の客が野菜のかき揚げを頼んでおり、しまったと思った。自由に食べられるキャベツの浅漬も程よい塩加減で美味。

f:id:sigemaro:20180927095654j:plain

蕎麦屋に寄ってる頃から空に雲が増えだし、青空は見えなくなってしまった。

広域農道で松本市街へ。景色の良い道が続く。

f:id:sigemaro:20180927095811j:plain

松本からはK67とアザレアライン経由で扉峠に出て再びビーナスラインに復帰。さすがに3連休、車やバイクの数が半端ない。

f:id:sigemaro:20180927100219j:plain

f:id:sigemaro:20180927100239j:plain

f:id:sigemaro:20180927100251j:plain

このまま美ヶ原まで走っても、車やバイクに埋もれてしまうかもしれないと思い、途中K178へスイッチ。この道を走るのは、実は初めて。林の中を気持ちよく下っていく。ビーナスラインエスケープルートとしては良い道だと思う。

f:id:sigemaro:20180927100655j:plain

このまま帰っても関越の渋滞にドハマリするので、時間つぶしに軽井沢のツルヤに寄って買い物でもすることにした。

R142〜K40で小諸へ、小諸からは浅間サンライン〜R18で軽井沢に向かう。軽井沢手前からはある程度の混雑は覚悟していたのだが、信濃追分あたりから車が動かなくなった。なんと、R18バイパスの橋の架替をやっているらしく、一部が通行止めになっておりすべての車がR18の旧道に流れ込んでいた…しばらくは耐えていたが、ツルヤに行くことを諦め、中軽井沢手前で迂回路を見つけR146にエスケープした。

この工事は11月15日までやるようなので、軽井沢方面に向かう方は要注意。

www.ktr.mlit.go.jp

R146を北上して北軽井沢へ向かう。途中から雨が降り出し夕暮れで視界も悪く、のんびり走ることに。

f:id:sigemaro:20180927102150j:plain

北軽井沢からはK54で二度上峠超え。峠付近は濃霧で5m先も見えないぐらいで、20〜30Km/hでの走行を強いられる。濃霧を抜けたあとは快走。高崎のすき家で牛丼を食べながら関越渋滞解消待ち。

で、高崎ICから関越に乗るも、渋滞20Km、坂戸西ICまで70分の表示。渋滞が始まる手前の花園ICで高速を降りて下道へ、21時半ごろ無事帰宅。

ぽっかりスケジュールの空いた3連休の中日。思ったほど天気には恵まれなかったが、それでも絶景の雲海や晴天の高ボッチ、それなりに楽しめた。

今回の走行距離は492Km。走行ルートは下記の通り。

 

 

360度の大パノラマ 〜高ボッチ高原〜

次に向かったのは高ボッチ高原。訪問するのは約20年ぶり。

諏訪からR20を塩尻方面に進む。塩尻峠を越えてしばらく下ったら、「高ボッチ高原」の案内に従い右折して高ボッチスカイラインへ。1〜1.5車線の道が続く。スカイラインという名はつくが、頂上付近までは展望が開けない。

f:id:sigemaro:20180927092650j:plain

 

自然保護センターの駐車場からは西側の展望が開ける。正面に穂高連峰、北側には白馬。

f:id:sigemaro:20180927092705j:plain

f:id:sigemaro:20180927092742j:plain

f:id:sigemaro:20180927092758j:plain

 

駐車場から徒歩5分ほどで高ボッチ山の山頂へ。そよ吹く風が気持ち良い。

f:id:sigemaro:20180927092816j:plain

f:id:sigemaro:20180927092831j:plain

 

標高1664.9mの山頂からは360度の大パノラマ。雲を正面に見、眼下には諏訪湖

f:id:sigemaro:20180927092843j:plain

f:id:sigemaro:20180927092906j:plain

f:id:sigemaro:20180927092917j:plain

山頂でラジコンのグライダーを飛ばしている人がいた。着陸は草むらに突っ込むしか無いとか…

f:id:sigemaro:20180927092931j:plain

ちょうどお昼時で、ここでランチしたら最高に美味しかっただろうな。弁当か何か食べ物を買ってくればよかったとちょっと後悔。で、お腹がすいたのでググって蕎麦屋を見つけ向かうことに。

諏訪湖畔酒蔵巡り 〜真澄、舞姫、麗人、横笛〜

諏訪湖畔には、真澄で有名な宮坂醸造を筆頭に5軒の酒蔵が密集している。これらの酒蔵をすべてまわってみることにした。

まずは宮坂醸造。店構えが素晴らしい。店内も素敵。

f:id:sigemaro:20180927091634j:plain

 

次、舞姫

f:id:sigemaro:20180927091758j:plain

f:id:sigemaro:20180927091810j:plain

次、麗人酒造。

f:id:sigemaro:20180927091842j:plain

最後に、伊東酒造。

f:id:sigemaro:20180927091903j:plain

残念ながら、酒ぬのや本金酒造は休業。3連休ぐらいは営業しててほしかった…

f:id:sigemaro:20180927092151j:plain

で、購入した純米酒はこちら。これで1ヶ月は晩酌を楽しめる。

f:id:sigemaro:20180927092412j:plain

 

霧と雲海のワインディング 〜蓼科スカイライン、ビーナスライン〜

9月2回目の3連休。どうやら日曜日は晴れの予報。走り慣れた信州・蓼科周辺を軽く流しに行ってきた。

上信越道下仁田ICからR254で佐久へ。R254は通称コスモス街道。コスモスがちょうど見頃を迎えていた。広めの路側帯に車を停め、しばし鑑賞。

f:id:sigemaro:20180927083414j:plain

f:id:sigemaro:20180927083426j:plain

f:id:sigemaro:20180927083446j:plain

しかし、なかなか晴れ間が出てこない。蓼科スカイラインに入るも、高度を上げるにつれ霧が濃くなる。

f:id:sigemaro:20180927083644j:plain

建設中のJAXAの観測所。前回訪問したときはパーツが地面に転がっていたが、組み立てが進んでいて、パラボラアンテの台座が出来上がりつつあった。

f:id:sigemaro:20180927083855j:plain

f:id:sigemaro:20180927083909j:plain

さらに高度を上げ別荘地帯に入ったあたりで雲の上にでた。上空に遮るものはなし。素晴らしい青空が広がっていた。

f:id:sigemaro:20180927084018j:plain

f:id:sigemaro:20180927084106j:plain

そして、ぐんぐん高度を上げると、キター。極上の雲海。

f:id:sigemaro:20180927084124j:plain

f:id:sigemaro:20180927084137j:plain

蓼科スカイライン最高地点の大河原峠でゆっくり雲海を眺めようかと思ったら、さすが3連休かつ登山シーズン。朝7時半ごろで既に峠手前から路駐の車であふれ、峠駐車場は当然満車。空きスペース にちょっと車を停めて、ささっと撮影して撤収した。

f:id:sigemaro:20180927085220j:plain

f:id:sigemaro:20180927085250j:plain

f:id:sigemaro:20180927085307j:plain

 

次に向かったのはビーナスライン。予想通り完全に雲霧の中…霧の駅もその名の通り、霧の中。

f:id:sigemaro:20180927085555j:plain

f:id:sigemaro:20180927085609j:plain

f:id:sigemaro:20180927085622j:plain

休憩がてら、コーヒー飲みながら霧が晴れるのを待ってみたが、晴れる兆しなし。こんな状態で美ヶ原まで走っても面白くないので、K40で諏訪湖へ下ることにした。

高度を下げるとだんだんと晴れ間が出てきて、途中の立石公園からは綺麗な諏訪湖を一望することが出来た。

f:id:sigemaro:20180927090135j:plain

f:id:sigemaro:20180927090147j:plain

R20まで下って、ちょっと寄り道することにした。

北信探索ドライブ 〜志賀草津道路の夕暮れ〜

そういえば、午前中におやきを食べてから、結局昼飯は食えなかった。R18沿いのローソンで、ざるそばとおにぎりで腹を満たし出発。

R18を南下し、野尻湖の先で北信五岳道路にイン。この道は広域農道系の道で、しばらくはアップダウンのある山間道で、後にりんご畑を貫く道となる。

f:id:sigemaro:20180825102915j:plain

途中、太陽の方を見ると虹色に輝く雲が見えた。この日は関東でも幻日という気象現象が見られたらしく、その一種かと。

f:id:sigemaro:20180825102927j:plain

渋滞する信州中野付近を抜けたら、いよいよ志賀草津道路R29へ。時刻は18時頃。現在、白根山から先、草津方向が通行止めのため、交通量は少ないだろうとの読み。

道の駅やまのうちからは、クリアラップでぐんぐん高度を上げていく。このまま行けるか?、と思ってたら観光バスが出現。志賀高原手前まで我慢のドライブ。

バスとのランデブーで少し時間を浪費。陽はどんどん暮れていく。このままでは、横手山で夕焼けを見ることが出来ないかもと思い、南志賀で少し停まって夕焼けの撮影。

f:id:sigemaro:20180825103000j:plain

f:id:sigemaro:20180825102942j:plain

さらに先を急ぎ、やっとのことで横手山レストハウスに到着。辛うじて夕焼け空が残っていた。この日は風も穏やかで、静寂の中、消えつつある夕焼けを眺めた。

f:id:sigemaro:20180825103052j:plain

f:id:sigemaro:20180825103113j:plain

f:id:sigemaro:20180825103125j:plain

f:id:sigemaro:20180825103137j:plain

f:id:sigemaro:20180825103159j:plain

f:id:sigemaro:20180825103218j:plain

f:id:sigemaro:20180825103232j:plain

f:id:sigemaro:20180825103256j:plain

国道最高地点の渋峠を越えて群馬県に戻る。

f:id:sigemaro:20180825103309j:plain

星空の撮影でもしようかと思ったが、この日は月明かりがあり断念。

万座温泉を抜けて、不本意ながら有料道路の万座ハイウェイを通り、嬬恋からR141〜R145〜R353〜R17で関越の渋川伊香保ICへ。

これで今回のドライブは終了。秋らし空を満喫できた気持ちの良いドライブだった。走行距離は646Km。

走行ルートは下記の通り。

 

 

北信探索ドライブ 〜県道95号、関田峠超え〜

本日最後の県道、K95。まずは平野部スタート。

f:id:sigemaro:20180825100533j:plain

f:id:sigemaro:20180825100517j:plain

戸狩野沢温泉駅あたりから上り区間になる。しばらくはワインディング快走路だが、眺めはそれほど良くない。

f:id:sigemaro:20180825100550j:plain

f:id:sigemaro:20180825100604j:plain

窓全開で走っていると、突然激しい水流の音が聞こえた。少し戻って確かめると、道の横に小さな滝があった。

f:id:sigemaro:20180825100622j:plain

ん〜、なかなか眺めの良いところがない。

f:id:sigemaro:20180825100635j:plain

f:id:sigemaro:20180825100646j:plain

バッタが埋まっていた。産卵してるのか?

f:id:sigemaro:20180825100658j:plain

f:id:sigemaro:20180825100710j:plain

そしてまた、滝発見。

f:id:sigemaro:20180825100722j:plain

するっと関田峠を越えると、そこは再び新潟県ツーリングマップルのコメント通り、日本海側の視界が開け、上越平野(高田平野)が一望できる。

f:id:sigemaro:20180825100736j:plain

f:id:sigemaro:20180825100801j:plain

f:id:sigemaro:20180825100842j:plain

f:id:sigemaro:20180825100817j:plainf:id:sigemaro:20180825100858j:plain

ここでちょうど16時。今回走ろうと思ってた道は走破できたので、まずは平野部まで下って帰途につくことにした。

北信探索ドライブ 〜県道97号、国道292号〜

K97は、斑尾高原に向けて一気に高度を上げていくワインディング。観光地のため、交通量が多めなのは仕方がない。 

f:id:sigemaro:20180822222645j:plain

f:id:sigemaro:20180822222719j:plain

f:id:sigemaro:20180822222728j:plain

斑尾高原を過ぎると新潟県。万坂峠手前までは2車線あるが、分岐して北上すると道は狭くなる。

f:id:sigemaro:20180822222740j:plain

うにうに走っていると、日本海がちらっと見えた。

f:id:sigemaro:20180822222757j:plain

f:id:sigemaro:20180822222815j:plain

斑尾高原以降は、正直、走って楽しい道では無い。さらに、通行止めで迂回区間もあり、道をロストしそうになった。

f:id:sigemaro:20180822222831j:plain

我慢を強いる道を抜けると、また快走路となる。

f:id:sigemaro:20180822222850j:plain

アテンザの横からのシルエットが好き。

f:id:sigemaro:20180822222905j:plain

 逆光の妙高山。雲がいい感じ。

f:id:sigemaro:20180822222920j:plain

 K97を走りきり、R292でまた長野県に戻る。

f:id:sigemaro:20180822222941j:plain