Atenza GG Garden

Atenza GG3Sと過ごす日常

梅雨の晴れ間を求めて 〜魚沼スカイライン〜

関東地方も梅雨入りし、雨と晴れが周期的に訪れるようになった。この週末も土日ともに雨予報。しかし、日曜日の天気予報を見ると新潟県に晴れマークがついていた。これを見逃す手はない。いつもの通りの4時起きで日帰りドライブに出かけることにした。

関越道・渋川伊香保ICで高速を降りR17を北上する。月夜野のあたりまでは川沿いを蛇行しながら進む。

f:id:sigemaro:20190614094710j:plain

月夜野PAを過ぎると三国峠(トンネル)に向かって適度なワインディングとヒルクライムが始まる。

f:id:sigemaro:20190614094857j:plain

関東平野側は小雨が降る天候のためか行楽組の車はほとんど無く、群馬と新潟を結ぶ大動脈的な国道でありながら、クリアラップで三国トンネルを超えることができた。

苗場、湯沢を過ぎ塩沢道路PAで小休止。ここからR353にスイッチして魚沼スカイラインの入り口まで一気に駆け上る。

魚沼スカイラインは尾根沿いを走るワインディングロード。スカイラインと言いながら、走りながらの展望はあまり良くない。数箇所ある展望台で景色を眺めるのが良い。

f:id:sigemaro:20190614095726j:plain

f:id:sigemaro:20190614095743j:plain

f:id:sigemaro:20190614095756j:plain

f:id:sigemaro:20190614095809j:plain

f:id:sigemaro:20190614095820j:plain

路肩には雪塊も残っている。

f:id:sigemaro:20190614095859j:plain

冬はスキー場。リフトの降り場から恐る恐る下界を眺める。

f:id:sigemaro:20190614100006j:plain

f:id:sigemaro:20190614100027j:plain

f:id:sigemaro:20190614100040j:plain

まだまだ走る。

f:id:sigemaro:20190614100415j:plain

ツーリングマップル関東甲信越2016の裏表紙写真の十日町展望台。

f:id:sigemaro:20190614100317j:plain

f:id:sigemaro:20190614100438j:plain

魚沼スカイライン北側の八箇峠入り口がゴール。

f:id:sigemaro:20190614100611j:plain

 

ここで次のルートを考える。もう少し新潟を北上しようとも思ったのだが、R253を十日町方面に下ることにした。十日町からはR117で長野県方面に向かう。

途中、交通量の多い2車線国道をカモシカが突然横切ったのにはビビった。長野県栄村に入ったあたりでようやく青空が見えだした。窓を全開にして爽やかな空気を取り込みながら、千曲川とJR飯山線と並走する国道をのんびり流す。

f:id:sigemaro:20190614101600j:plain

途中でR403にスイッチして木島平へ向かう。

f:id:sigemaro:20190614101613j:plain

R403は特に何かあるわけではないが、R117をダラダラ南下するよりは変化のある道で楽しめる。
f:id:sigemaro:20190614101817j:plain

湯田中温泉付近でR292、志賀草津道路に入る。数年前の草津白根山の噴火以来、殺生河原付近の通行止め状況がコロコロ変わっており、この日も残念ながら草津温泉方面は通行止め。そのおかげで、渋峠へ向かう車は少なく気持ちよく横手山まで走ることができた。

ただ残念なことに、分かっていたことだが完全に靄の中。

f:id:sigemaro:20190614102451j:plain

f:id:sigemaro:20190614102539j:plain

f:id:sigemaro:20190614102558j:plain

f:id:sigemaro:20190614102610j:plain

f:id:sigemaro:20190614102622j:plain

渋峠からは万座温泉方面へ下って、万座ハイウェー〜R144〜R145〜R353〜R17で関越道・渋川伊香保ICまで戻ってこの日のメインルートは終了。15時には無事帰宅。

走行距離:471Km

走行ルートは下図の通り。

 

 

アテンザ シフトブーツ交換

今さらって感じだが、ドライビング環境の向上(?)ってことでシフトブーツを交換してみた。操作感や性能には全く変化はないのだが、スポーティーな雰囲気作りってことで…

まずは交換前のノーマルな状態。人工皮革のテカテカした感じのシフトブーツ。シフトノブがnismoなのはご愛嬌(前車シルビアS15から流用品)。

f:id:sigemaro:20190602103133j:plain

 

交換用にセレクトしたのはLeather Collection Miya『コレミヤ』製のシフトブーツ。本革のニオイと質感がいい感じ。サイドブレーキブーツも買うか迷ったのだが、おまけってことで発注してしまった…

f:id:sigemaro:20190602103634j:plain

f:id:sigemaro:20190602103644j:plain

 

交換作業はいたって簡単。シフトノブを外してシフトレバー、サイドブレーキ回りのパーツを上向きに力を入れて引っこ抜く(工具不要)。

f:id:sigemaro:20190602103957j:plain

 

シフトブーツを留めているプラスチック枠を外して、シフトブーツを取り替える。位置決めの小穴や切込みも正しく入ってるため、綺麗に収まる。

f:id:sigemaro:20190602104451j:plain

f:id:sigemaro:20190602104504j:plain

f:id:sigemaro:20190602104520j:plain

 

後は逆の手順で取り付ける。サイドブレーキブーツは上からかぶせるだけ。

f:id:sigemaro:20190602104648j:plain

f:id:sigemaro:20190602104726j:plain

 

赤ステッチがスポーティーな雰囲気を醸し出してる(気がする)。自己満足的なチューンナップでした。

遅春ドライブ 〜つまごいパノラマライン・ビーナスライン〜

毎年、定点観測的に走りに行ってるつまごいパノラマラインとビーナスライン。今年は3月から激務が続いており、週末疲れ果てて外出する元気もなかったのだが、GWも明け少し余裕が出てきたので、ようやく走りに行くことができた。

まずは関越道・高崎ICから高崎環状道路、K28で榛名湖方面へ。北陸新幹線の高架近くにあるセブンイレブンでパンとコーヒーを買い込み、榛名湖へのヒルクライム開始。群馬も小麦が有名で、小麦畑が黄金色に輝いてた。 

f:id:sigemaro:20190519211518j:plain

 

K28から榛名フルーツラインへスイッチする。少し標高が高くなるため、開けた場所から高崎、前橋市街が一望できる。夜だと夜景と星空が綺麗に見える。

f:id:sigemaro:20190519211537j:plain

 K126に入り、本格的なヒルクライムが始まる。朝6時台とあって対向車もなく、道幅いっぱい使っていくつものコーナーをクリアしていく。

f:id:sigemaro:20190519211629j:plain

 

あっという間に榛名湖に到着。思いっきりガスってて榛名富士は拝めず。この日は自転車のヒルクライム競技があり、6時50分から周辺道路は通行止めとなっていた。時間的にはギリギリセーフだった。確か去年も同じタイミングで訪れていた気が…

f:id:sigemaro:20190519211643j:plain

f:id:sigemaro:20190519211702j:plain

 

K28(通称 裏榛名)を下ってR145へ。岩島駅前交差点を左折してK375で川原湯温泉へ向かう。R145でダラダラと車列について走るより、空いてるK375で八ッ場ダムへ向かうのが吉。

 八ッ場大橋からダム躯体と吾妻渓谷を眺める。

f:id:sigemaro:20190519211723j:plain

 ダム躯体はほぼ完成か?水が貯まるまでの限定景色。

f:id:sigemaro:20190519211738j:plain

 上から眺める吾妻渓谷。清らかな流れは健在。秋にもう一度見に来よう。

f:id:sigemaro:20190519211755j:plain

 

f:id:sigemaro:20190519211814j:plain

 

道の駅「八ッ場ふるさと館」で朝食タイム。ここに7時に開店するパン屋があるのだが、毎回ここのパンを食べようと思いつつ、忘れてセブンイレブンで朝食を買ってしまうのだ…

 

ようやくつまごいパノラマライン。このあたりで、ようやく青空が見えだした。独走状態で、気持ちよくワインディングを流す。

f:id:sigemaro:20190519211841j:plain

f:id:sigemaro:20190519211856j:plain

 

山岳区間を抜け田園地帯。早朝から農家の方たちが作業を始めていた。今年も美味しい野菜をお願いします。 

f:id:sigemaro:20190519211910j:plain

f:id:sigemaro:20190519211934j:plain

f:id:sigemaro:20190519211952j:plain

 K94の地蔵峠超えで長野県入り。地蔵峠周辺は、靄に包まれていた。

f:id:sigemaro:20190519212010j:plain

 

長野県側は、さらに青空が広がっていた。R152、R142、K178経由でビーナスラインへ。美ヶ原高原を経由しない場合の定番アプローチルートだ。

f:id:sigemaro:20190519212027j:plain

 

定点スポットで写真を撮りながら、ほぼクリアラップで霧ヶ峰まで走りきった。相変わらずの快走路で、日頃の疲れやストレスを忘れることができた。

f:id:sigemaro:20190519212044j:plain

f:id:sigemaro:20190519212104j:plain

f:id:sigemaro:20190519212120j:plain

f:id:sigemaro:20190519212132j:plain

 

白樺湖からなだらかに下るK40で下界へ。次にR142、R18で軽井沢に向かう。

ちょうどお昼時だったので、軽井沢のツルヤの裏にあるカフェ「NONE Cafe 軽井沢」に立ち寄ってみた。

林の中にある隠れ家的なカフェ。アプローチは砂利道。

f:id:sigemaro:20190519212303j:plain

f:id:sigemaro:20190519212341j:plain

自然との一体感があり、小川のせせらぎと小鳥のさえずりを聴きながら、至福の時を過ごすことができる。

f:id:sigemaro:20190519212402j:plain

f:id:sigemaro:20190519212417j:plain

f:id:sigemaro:20190519212448j:plain

 

ツルヤで買い物をして帰途につく。軽井沢からはK43で下仁田方面へのダウンヒル上信越道の高架下をヘアピンを重ねて一気に下る。

嫁への手土産も忘れずに。K43とR254の交差点付近にある宿場町「本宿」にある古月堂で名物の本宿ドーナツをゲット。しかし、この宿場町、開いてる店はここしかない。それでも、この店を訪れると必ず先客がいるのだ。

f:id:sigemaro:20190519212515j:plain

f:id:sigemaro:20190519212535j:plain


今年の課題は、これからも続くと思われる激務の合間をぬって、如何に走る時間を作り出せるか。今年のドライブのテーマ「Go North」は実現できるのか…

今回の走行距離:438Km

走行ルートは下図の通り。

ツーリングマップルからツーリングマップルRへ

昨年あたりから、いわゆる老眼が急に進行してしまった。流石に老化には抗えず…

ドライブ中にツーリングマップをぱっと見たときに、すぐに焦点が合わずこれは危険だと思い、今年からついにツーリングマップルRへバージョンアップ(?)することにした。

ツーリングマップルRは、ツーリングマップルの120%サイズ拡大版。ドライブ中のみならず、自宅で見るのもすごく楽になった。

f:id:sigemaro:20190515144353j:plain

 

で、今年買ったのは東北版。今年のドライブのテーマは「Go North」。しばらく走ってなかった東北を攻めたいと思っている。信州のように気軽に日帰りで行ける場所ではないが、週末2日を使って走り回りたいと思っている(希望)。

 

新春走り初め 〜茨城県広域農道系ツーリング〜

改めまして、明けましておめでとうございます。

さて、今年初のドライブは茨城県の広域農道系の道を走りに行ってきた。 茨城県には、自分が好きな山岳ワインディングロードは無いが、走って楽しい広域農道や県道がいくつかある。

4時半に自宅を出発し、圏央道・桶川加納ICから高速にイン、つくばJCT常磐道・土浦北ICで高速をアウト。IC近くのセブンイレブンで朝食を調達しルートを確認。ここからが実質的なツーリングのスタート。

まずは、K199を北上。この道は筑波山の東側を南北に貫く道。フラワーパークを過ぎれば広域農道のフルーツラインとなる。夜明けの道を淡々と進む。

f:id:sigemaro:20190112123136j:plain

茨城県には、なぜかコンビニのセイコーマートが多く存在する。大手コンビニと比べるとローカル感に溢れているが、店頭にサイネージがあったり独自性もある。 

f:id:sigemaro:20190112123149j:plain

 このセイコマの少し先からK42に入る。標高300m程の道祖神峠を超えるちょっと短めのワインディングロード。2輪車は通行禁止となっている。

f:id:sigemaro:20190112123203j:plain

 峠を越えてしばらく走るとようやく日の出を迎えた。K42から再びフルーツラインに入り、R50へ抜ける。

f:id:sigemaro:20190112123217j:plain

 R50を東方面に少し進み、石井の交差点を左折。1つ目の信号を右折するとビーフラインが始まる。名前からなんとなく牧草地帯を走る道のような気がするが、山林を抜ける高速直線、高速コーナー、多少のアップダウンを織り交ぜたワインディングロード

f:id:sigemaro:20190112123233j:plain

f:id:sigemaro:20190112123249j:plain

f:id:sigemaro:20190112123304j:plain

f:id:sigemaro:20190112123317j:plain

 ビーフラインはK29に突き当たり終了。ここからK29、K33、K36、R349とつないで次の広域農道、グリーンふるさとラインに入る。しばらくは緩やかなヒルクライムが続く。標高500mぐらいまで上るため、一部展望が開けるところがある。遠くには冠雪した山並みが見えた。方角的に日光〜那須あたりだろうか。

f:id:sigemaro:20190112123339j:plain

f:id:sigemaro:20190112123352j:plain

f:id:sigemaro:20190112123406j:plain

f:id:sigemaro:20190112123420j:plain

 R461に突き当たり、グリーンふるさとラインは終了。ちょうどこの辺りに花貫渓谷がある。車を停めて、少し散策してみることにした。もみじの落ち葉が大量に落ちていたので、紅葉の頃は賑わっているのだろう。

f:id:sigemaro:20190112123942j:plain

 こちらが不動滝。

f:id:sigemaro:20190112123958j:plain

f:id:sigemaro:20190112124015j:plain

 こちらが乙女滝。

f:id:sigemaro:20190112124034j:plain

f:id:sigemaro:20190112124048j:plain

 

花貫渓谷からR461を少し北上して右折すると萩ロードが始まる。萩ロードは海寄りを走るため、後半にある駐車スペースからは太平洋が一望できる。逆に、ここぐらいしか景色の良いところは無い。

f:id:sigemaro:20190112124111j:plain

f:id:sigemaro:20190112124127j:plain

f:id:sigemaro:20190112124208j:plain

f:id:sigemaro:20190112124226j:plain

 萩ロードを走り終え、K154で海側の大津漁港方面に下る。漁港の食堂でランチにしようと思ったが、11時の開店まで時間があったので、五浦に立ち寄ることにした。

 

五浦は岡倉天心ゆかりの地。300円の入館料を払って六角堂を見学。海ギリギリに建つ六角堂は、東日本大震災津波で流失したため、これは再建されたものらしい。

f:id:sigemaro:20190112124250j:plain

f:id:sigemaro:20190112124305j:plain

f:id:sigemaro:20190112124322j:plain

f:id:sigemaro:20190112124338j:plain

 海が綺麗だ。太平洋を航行する大型船舶が遠くに見える。

f:id:sigemaro:20190112124359j:plain

f:id:sigemaro:20190112124412j:plain

 天心邸、こういう日本家屋を見ると落ち着く。

f:id:sigemaro:20190112124431j:plain

f:id:sigemaro:20190112124447j:plain

f:id:sigemaro:20190112124505j:plain

f:id:sigemaro:20190112124519j:plain

 

六角堂を後にして大津漁港に向かう。11時少し前に市場食堂に到着。10分ほど待って入店。茨城で冬といえば鮟鱇。しかし、あんこう鍋を食べてる時間もないので、なんとなく海鮮丼をオーダー。具材を見ると、地のものでない感じがして残念。値段も観光地価格。

f:id:sigemaro:20190112124539j:plain

f:id:sigemaro:20190112124553j:plain

 

大津漁港からはひたすらR6を南下。事前に調べていた酒蔵「森島酒造」に立ち寄るも、人がいる気配無し。正月明けの週末ではまだ営業前だったか…

f:id:sigemaro:20190112124609j:plain

 

R6からK297、K60と内陸に向かって走り、再びグリーンふるさとラインに戻る。行きとは逆向きにトレースしてゆく。しかしながら、ビーフラインの途中まで戻ってきたところで道をロストしてしまい、何やら自動車試験場のテストコースの側を通る道に出てしまった。結局は、この道も2車線の快走路で何ら問題は無かった。

この道もK51に突き当たって終了。笠間方面に舵を切り、K61のセブンイレブンで休憩がてらおやつタイムとした。

f:id:sigemaro:20190112124627j:plain

f:id:sigemaro:20190112124641j:plain

 

笠間からはR50を西進してR4バイパスまで出ようと思っていたのだが、夕方になる時間で結構な渋滞が既に始まっていた。さすがにしびれを切らして、桜川筑西IC手前でK41にスイッチ。一気に交通量が減り、夕日に照らされる筑波山を左手に見ながら快走することが出来た。

f:id:sigemaro:20190112124704j:plain

f:id:sigemaro:20190112124719j:plain

 

筑波参道入口交差点を右折してK214〜R125でR4バイパスに出、後は利根川を越えて埼玉県入りし、国道や県道を走って18時過ぎに無事帰宅した。

今回のドライブの走行距離は467Km。走行ルートは下図の通り。